2013年7月 スロベニア・クロアチア12日間 前半

f:id:HATTYAN0234:20220210142142j:plain
 スロベニアのブレッド城からのブレッド湖「アルプスの瞳」
添乗員さんが「私がいいと言うまで 上を向かないでください」との指示
で ここまで来ました 素晴らしい眺めに感動です このツアー大成功!
だって添乗員さんが可愛いし お酒大好き 自由食の際に案内してくれる
こじゃれたレストランがどれもこれも美味しくて とてもとても大満足!

<第一日目 7月5日(金)>成田から全日空でフランクフルトを経由し
スロベニアの首都リュブリアーナ着 バスで1・5時間ホテルに到着です

f:id:HATTYAN0234:20220210142954j:plain
フランクフルトからのアドリア航空便 1時間15分

<第二日目 7月6日(土)>ブレッド湖観光 

f:id:HATTYAN0234:20220210143423j:plain早朝湖畔散歩の途中 黒い大型犬が道の向こうから来たので 犬猫が
苦手な妻がそっと道を外します すると「She is a girl.」大きな
声で老婦人に怒鳴られました 

f:id:HATTYAN0234:20220210143522j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210143536j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210143638j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210143647j:plain

ブレッド城の一角にあるワイン醸造所では 神父さんの指導で 樽から
瓶にワイン注入しコルク封入 最後証明書へのサインまで 自分だけの
「ブレッド城オリジナルワイン」を造ります 帰国後知人にあげたため
味の方は分かりません

f:id:HATTYAN0234:20220210143952j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210144014j:plain

小舟に乗って島に浮かぶ聖マリア教会に向かいます

f:id:HATTYAN0234:20220210144104j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210144114j:plain

できるだけ他人が入らないようトリミングしているので長細くなります

f:id:HATTYAN0234:20220210144306j:plain
階段は100段あるとか この教会で結婚式を挙げるのが若者の夢です
新郎が新婦をお姫様抱っこして階段を上がります そのため新婦さんも
懸命のダイエットをして新郎に体を委ねるそうで 失敗した人いるかな?

f:id:HATTYAN0234:20220210144338j:plain
プロのカメラマンが撮影すると違いますね ユリアンアルプスが綺麗です

f:id:HATTYAN0234:20220210145708j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210145721j:plain

教会には 我々より少し前に秋篠宮ご夫妻が来られたとか

さて 添乗員さんが先ず鐘を鳴らします そしてすぐに妻が続きます
ご存知でしたか? 3回願い事をして 3回全部鳴れば願い事が叶う
二人とも一回鳴ったって喜んでいましたが 効果は無いようなのです

f:id:HATTYAN0234:20220210150657j:plain
ブレッド湖から4kmという近さにある「ヴィントガル渓谷」へ

f:id:HATTYAN0234:20220210150717j:plain
小雨模様でしたが マイナスイオンを感じながらのミニウォーキング
ガイドブックにも出ていないので何も期待せずでしたが 全く予想外
絶対にお勧めの美しい渓谷でした

f:id:HATTYAN0234:20220210150735j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210144515j:plain
「ホテル パーク」 確か4つ星の 落ち着けるホテルで満足です
ブレッド湖は 昔からハプスブルグ家のリゾート地だったようです

<第三日目 7月7日(日)>リュブリアーナ市内観光と
ヨーロッパ最大級のポストイナ鍾乳洞入場

f:id:HATTYAN0234:20220210151944j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210151924j:plain

2021年に世界遺産に選定されたリュブリアーナの街並み
街を歩いていてゴミは無いし 清潔感と可愛らしさが同居し
「小さな芸術」と言われることが充分に納得できます
実は千年以上 神聖ローマ帝国とハプスブルグ家の支配下にあり
そのため オーストリアの地方都市の雰囲気が感じられるのです

f:id:HATTYAN0234:20220210152022j:plain
新しい靴を買い 以前の古い靴の左右を紐で結んで ここの太い紐を
めがけて投げます 上手くからまってくれたら願いが叶うとか・・・

f:id:HATTYAN0234:20220210152055j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210152122j:plain

リュブリアーナ城までケーブルカーですぐです

f:id:HATTYAN0234:20220210152232j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210152613j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210152635j:plain

お城のお姫様と怪獣 今日が日曜日なので特別出演なのでしょう
怪獣はドラゴン(竜)? そうだとしたら市のシンボルなのです

f:id:HATTYAN0234:20220210152738j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220215063945j:plainこれが三本橋 建築家で都市計画策定者のヨジェ・プレチニック氏の
作品群とリュブリアーナの都市計画が認められ世界遺産になりました

f:id:HATTYAN0234:20220210152844j:plain
正面の建物が 秋篠宮ご夫妻が宿泊されたホテルだそうです

f:id:HATTYAN0234:20220210153023j:plain
昼食は旧市街とお城を望むパノラマカフェで

f:id:HATTYAN0234:20220210153425j:plain
市内から1時間ほどでポストイナ鍾乳洞に到着です

f:id:HATTYAN0234:20220210153538j:plain
順路4kmのうち 最初の2kmほどをトロッコ列車で進みます
これが想像以上の速さで飛ばすのです まるでディズニーランドの
スペースマウンテンに乗っているよう 暗闇の中 岩が襲い掛かり
怖いほどのスリル感でした 洞窟内の寒さも応えたのでしょう

f:id:HATTYAN0234:20220210153844j:plain
「スパゲッティホール」

f:id:HATTYAN0234:20220210153914j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210153929j:plain

白い表面が輝く「ポストイナのダイヤモンド」と「ブリリアント鍾乳石」

f:id:HATTYAN0234:20220210154706j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210154641j:plain

最後に「コンサートホール」と呼ばれる大空間が眼前に広がります
千人収容可 ここでダンスショーやコンサートも開かれたそうです
日本国内では 山口県秋芳洞や高知・岩手でも有名な鍾乳洞には
入場して来ましたが スケールで比較にならないほどの大きさです

スロベニア全土には5~6千の地下空洞があり 特に西南部の
カルスト地方に多い 地質学用語の「カルスト」はスロベニア
の地方名が語源となっている

f:id:HATTYAN0234:20220210155623j:plainオパティアのホテル 「ヴィラ・アンバサダー」5つ星に2連泊です

f:id:HATTYAN0234:20220210155636j:plain
ベランダからの眺めが素晴らしい アドリア海がすぐそこに広がります

<第四日目 7月8日(月)>本日は終日イストラ半島巡りです
オパティア~ポレチュ~ロヴィニ~プーラ~オパティアに戻ります

f:id:HATTYAN0234:20220210160239j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210160218j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210160318j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210160330j:plain

食後は朝の散歩 我々は時間があれば散歩をします 海岸線を歩きます 
昔から ハプスブルグ家の貴族が競ってこの温暖な海岸に別荘を建てた
クロアチアの貴婦人」と呼ばれるリゾート地で鉄道でも繋がれました

先ずは世界遺産ポレチュ「エウフラシウス聖堂」入場

f:id:HATTYAN0234:20220210160947j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210161000j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210161111j:plain
ポレチュは古代ローマの都市計画に基づいて建てられた街です
街の見所が「エウフラシウス聖堂」 金色に輝く神々しい聖母マリア
のモザイク画 マリアを後陣の中心としたことがとても珍しいそうで
マリアを中心にしたモザイク画では 欧州最古であろうと言われます

その上の楕円に殉教した聖女が12人 キリストを表わす仔羊の次に 
ロヴィニの聖エウファミアが見えます 当地では有名な聖女なのです

f:id:HATTYAN0234:20220210161223j:plain ロヴィニまでの5km 美しいと言われるフィヨルドを見学します
ノルウェーのそれと思ってはいけません 何だか拍子抜けなのです

f:id:HATTYAN0234:20220210161355j:plain
ロヴィニに到着です「ヨーロッパの美しい村30」に選定されています
(注:Team EUROPE JATAが日本人に好かれる街並みを独自に選定)
こここそ来たかった地です ツアーを選ぶ際に こことモンテネグロ
コトルが両方美しい村であり 二つとも入っているコースが無いものか
何年も探して見つけたのが今回のツアーなのです 希望はここでの宿泊
たとえ漁師宿でもいいので 夕暮れ時のロヴィニを海上から見たかった

f:id:HATTYAN0234:20220210161552j:plain
大昔は島だったが 今は陸続き ペストの流行でこの島に避難者が増大
そのため海にせり出すように建物がギッシリ ものすごい建物密度です
言い眺めです 夜間は家々の明かりがものすごいそうです・・・・・

f:id:HATTYAN0234:20220210175907p:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210175826j:plain

教会と鐘楼 注目です 鐘楼の頂上に街の守護聖人 聖エウファミア像が
風向きで向きを変えるのです 風見鶏なのです 聖エウファミアって誰?
そして何故 この像は車輪を抱きかかえているのか 理由があるのです

ディオクレティアヌス帝時代に迫害されて 車輪で拷問されたうえに
円形競技場でライオンに噛み殺されて殉教 当寺15歳の少女でした
(ライオンも 噛み殺したあとは少女の周りを回るだけだったと)
当初はコンスタンチノープルに納められた石棺が 嵐の夜ロヴィニの
沖合に出現 これを何とか引き揚げて 丘の上の教会に奉られました
以降この教会は「エウファミア教会」と呼ばれるようになりました

f:id:HATTYAN0234:20220210161853j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210161904j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210162137j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210162453j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210162524j:plain

ロヴィニはアドリア海を挟んですぐイタリア ベネチアからは至近距離
そのため 実は500年以上も ベネチアの一部として支配されていた

f:id:HATTYAN0234:20220210162745j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210162800j:plain

プーラの円形競技場 高さ30m 観客最大2万3千人収容できたとか
大きさは世界第六位と ローマのコロッセオの後では「なあんだ」です

f:id:HATTYAN0234:20220210170548j:plain
 ローマの初代皇帝アウグストゥスの時代に建てた「アウグストゥス神殿」

<第5日目 7月9日(火)>一路プリトヴィチェ湖畔国立公園に

f:id:HATTYAN0234:20220210180240j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180324j:plain
オパティアからは162km 約3時間 バスは山道を飛ばします

f:id:HATTYAN0234:20220210180431j:plain
プリトヴィチェと言えば マス料理が有名です 「ポリャーナ」は
国立公園のすぐ前にある かなり広い店で皆さん揃ってマス料理です
実は 妻ともう一名 バス酔いで気分を悪くし食べられないようです
私が二人分食べました おいしかったですよ

f:id:HATTYAN0234:20220210180408j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220214185221j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180500j:plain
先頭でリードしていただいたガイドさん カッコイイ!
私のサングラスは丸いのに 彼女のはシャープ できる女性ですね

f:id:HATTYAN0234:20220213175535j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180521j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210180535j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180829j:plain森林浴の効果絶大 こんなに元気になりました

f:id:HATTYAN0234:20220210180609j:plain
大小16の湖と92の滝 これはもう最高 自然の偉大さを体感します

f:id:HATTYAN0234:20220210180631j:plain
倒木が石灰で真白になる『石灰華」 炭酸カルシウムによるものですが
これが堤を作り 最後に湖となったのです f:id:HATTYAN0234:20220210181100j:plain
世界遺産認定証 内戦時は主戦場となり一度は危機遺産で解除されました

f:id:HATTYAN0234:20220210180650j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180703j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220215064148j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220213180117j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210180723j:plain

誰よりも早く 木のベンチを駆け上がり この元気は何?

f:id:HATTYAN0234:20220210180734j:plain
今の時期にしては水量が豊富だとか 木道に迫る勢いです

f:id:HATTYAN0234:20220210181153j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210180747j:plain
一番上の方に木道が見えます 歩いて来た道です
出来得るならば もう一度来た道を引き返したい ボートにも再度!

f:id:HATTYAN0234:20220213180353j:plain
  そしてこの光景を実際見たい(公園外のレストラン横の道から入る)

f:id:HATTYAN0234:20220210182818j:plain
本日の宿泊地のスプリットまで260km 3時間半またバスです
贅沢を言えば プリトヴィチェ公園内ホテルで一泊したいものです
本日のホテル スプリットの「アトリウム」5つ星です

<第六日目 7月10日(水)>スプリット市内観光後フヴァール島へ

f:id:HATTYAN0234:20220210181609j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210181551j:plain

グルグール・ニンスキ司教の像 足の親指に触ると願いが叶うと

f:id:HATTYAN0234:20220210181704j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210181724j:plain

ホテルで周辺地図をもらい早朝散歩 魚市場に来ました
魚市場は最初 宮殿内にありましたが いかんせん生臭いと反対の声多数
地下に沸く温泉が隣にあるここでは 硫黄の匂いが魚臭を消してくれます

f:id:HATTYAN0234:20220210183928j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210183940j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210184053j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210184118j:plain

海岸線を散歩 パラソルのすぐ後ろが宮殿の城壁です

f:id:HATTYAN0234:20220210181840j:plain
市内観光が始まります 地下にもぐりガイドさんの説明
欧州内陸部からここへ沢山の人が来ます云々の説明かな?

f:id:HATTYAN0234:20220210181913j:plain
往時のディオクレティアヌス(帝)宮殿の模型
ローマ皇帝で初めて生前退位し 故郷の近くであったスプリットに退位後
の住まいとする宮殿を建設し余生を送った キリスト教を弾圧した最後の
ローマ皇帝で 退位後8年目にはキリスト教が公認され以降国教となった
のは皮肉だ(この皇帝がいなければ 聖エウファミアは死なずにすんだ) 

現在はこの城壁に一般人(世界遺産が自宅でもある)が住んでいるのです

f:id:HATTYAN0234:20220210181927j:plain
古代からのゴミ集積場 何か黄金の様に光り輝いて見えます

f:id:HATTYAN0234:20220210183353j:plain
  大嫌いなディオクレティアヌス帝の像の前でニンマリ

f:id:HATTYAN0234:20220210182005j:plain
ここは世界遺産なのですよ 何ですかこの洗濯物は

f:id:HATTYAN0234:20220214082921j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220213180644j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220213180702j:plain

像をまねたポーズ

f:id:HATTYAN0234:20220210183540j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210182018j:plain

反響がいいので男性4人のアカペラ合掌 美人が出て来てハイパチリ

f:id:HATTYAN0234:20220210182030j:plain
TV(大人のヨーロッパ街歩き)で紹介されていました
ナビゲーターの白石美帆さんが美味しそうに飲んでいたピピです

f:id:HATTYAN0234:20220210182128j:plain
スプリットにとどまり観光継続か トロギールへ行きたいかを選択です
全員がトロギール行きを希望  折角の世界遺産が近くにあるのですから
上は聖ロヴロ大聖堂の逆さの聖人像 逆さが珍しい

f:id:HATTYAN0234:20220210182148j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210182202j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210182616j:plain

f:id:HATTYAN0234:20220210182322j:plain
f:id:HATTYAN0234:20220210182258j:plain

カメルレンゴの砦 ベネチアが支配した時代にオスマントルコ帝国の
攻撃に備えて造られた

f:id:HATTYAN0234:20220210182214j:plainここで釈明です 何故私は 旅行中ずーっとサングラスをしているのか?
実は旅行の何日か前 友人と一緒に渋谷で飲んでいて 酔っているからと
自宅までタクシーでと乗せられた 家のすぐそばでタクシーを降りたよう
で そこで転倒した様です 自宅に電話が入り 妻が来て 目の上を切り
出血していたので その場から救急車で病院に運ばれた・・・(らしい)
その場で縫うと 後日抜糸が必要となるが 旅行なので縫わずに済ませる
よう妻が要請 薬で処置をすることになり 目の上が腫れあがったままに
そのためサングラスで隠しているのです 太陽が眩しい訳ではないのです
旅行中は毎日 妻の薬での処置が続いていたのです