2018年8月 京都夏のパワースポット鞍馬・貴船

f:id:HATTYAN0234:20211205132902j:plain貴船の川床(ふじや)にて

夏は暑いのです 暑い暑いと騒いでいて 涼みに行こうと狙いをつけた
のが 今回訪れた鞍馬~貴船のハイキングコースと貴船の川床料理です
大阪はJR環状線福島駅から京橋駅へ そこからは京阪本線の特急
プレミアカーで京都の出町柳まで約1時間 そこから叡電で鞍馬へ
鞍馬山を越え貴船貴船には学生時代行った記憶あり)へ進軍です

f:id:HATTYAN0234:20211205133912p:plainガイドブックなどを見ると 仁王門から貴船まで約2・5km 
徒歩で約100分の行程内にあります 鞍馬山へのいざないです

f:id:HATTYAN0234:20211205134507j:plain妻に事前相談 プレミアムカーに乗れるのであれば・・・
鉄子の妻には このプレミアムカー叡電のきらら 何とニンジンが
二本もぶら下がっているのです ハイキングがどんなに大変か考えた
のでしょうか? もう一つ心配 貴船で川床料理店を予約していない
こと 何とかなるでしょう

f:id:HATTYAN0234:20211205135233j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205135302j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205135200j:plain

叡電鞍馬駅に到着しました 駅のホームに「きららローレル賞受賞」の
月桂樹が見えました

f:id:HATTYAN0234:20220103144912j:plain駅のホーム伝いに 自由に出られ 鞍馬郵便局を見つけました

f:id:HATTYAN0234:20211205135757j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205135813j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205135832j:plainさすが鞍馬駅 源義経展なる絵画を駅待合室に掲げてありました

f:id:HATTYAN0234:20211205140115j:plain駅を出た途端 義経に兵法を教えたという伝説の鞍馬天狗が出迎えます
とんとんとんまの天狗さん 大村崑とは違いますよ 

f:id:HATTYAN0234:20211205140226j:plainようやく仁王門が見えてきました
駅からはすぐですが 名物の木の芽煮や牛若餅を売る店が目白押しです

f:id:HATTYAN0234:20211205140402j:plain
①(この番号は鞍馬山案内の順路・通過点)仁王門

f:id:HATTYAN0234:20211205140429j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205140444j:plain

阿と吽ですね 運慶の長男である湛慶作の仁王像です

f:id:HATTYAN0234:20211205140603j:plain日本一短いケーブルカーで少しでも体力温存を

f:id:HATTYAN0234:20211205140723j:plain⑦(ケーブル利用で近回りしました)多宝塔

f:id:HATTYAN0234:20211205140908j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205140925j:plain

⑧新参道

f:id:HATTYAN0234:20211205141107j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205141135j:plain

24 (大きく近回り) 先心亭は無料休憩所です

f:id:HATTYAN0234:20211205141726j:plain26 本殿金堂・金剛床 本殿金堂内の御本尊は「尊天」(ご朱印も尊天)
7歳から16歳まで鞍馬寺で修業していたという牛若丸は 今でも尊天の
傍らで修行していると言われます
紫式部の「源氏物語」では 光源氏が紫の上と出会った「若紫」の章の
舞台が鞍馬寺とされています

f:id:HATTYAN0234:20211205141928j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205141940j:plain

日本有数のパワスポ (ダビデの星六芒星と正三角形の石板の金剛床
知らなかったことですが・・・中心の△は尊天の力が降りてくる場所と
なるため ここに立ってはいけない(エネルギーが降りない)そうです

f:id:HATTYAN0234:20211205170218j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205170203j:plain

それから ここの狛犬 犬ではなく虎で阿吽を表わしています
虎は毘沙門天のお使いだそうです

f:id:HATTYAN0234:20211205142134j:plainここで奥の院を遥拝し 仁王門へ引き返す人も多いらしいのですが 
妻は決心した様です 前へ進みます 杖を突いて意地での続行です
ここからが鞍馬のパワースポットで よりエネルギーが増大します

f:id:HATTYAN0234:20211205142508j:plain30 与謝野晶子・寛の歌碑があります
32 霊宝殿(鞍馬山博物館)撮影禁止でした

f:id:HATTYAN0234:20211205142726j:plain西門(貴船)までは1,134m 半分は来たことになります

f:id:HATTYAN0234:20211205143033j:plain35 背比べ石 源義経と背比べです
この時点では 妻の方が元気そうですね

f:id:HATTYAN0234:20211205143250j:plain39 義経堂 衣川で戦死した義経の魂はここへ戻ったと

f:id:HATTYAN0234:20211205143502j:plain36 木の根道 岩盤が地表近くまで迫っているので 木の根が地中深く
に潜れないのです 義経は木の根を飛び越え 跳躍の練習に励んだのです

f:id:HATTYAN0234:20211205143627j:plain40 奥の院 魔王殿 650年前人類救済の使命を帯びて 金星から
護法魔王尊が降臨したと伝わる 邪気を吸い取るパワースポットです

f:id:HATTYAN0234:20211206090804j:plain
  「そうだ京都、行こう。」1998年夏 カッコイイ! 
  京都のミステリーゾーンへ、ようこそ。
        昔は僧兵の武力を誇る寺でもあったのです


ここから一気に山を下り 西門を出て貴船川を渡ると 平安の昔より
京の奥座敷と呼ばれた 都人の避暑地貴船です 

f:id:HATTYAN0234:20211205143832j:plainこの笑顔 ついに鞍馬道ハイキングコースを制覇して貴船側に到着です
川床店も 予約したかった「ふじや」ですぐにOKをもらえました? 
(妻が行きに 貴船口駅でここの送迎の運転手さんにネゴっておいた
ようです)ようやく一息つけます
注:実は 良ーく調べると 元祖川床料理のふじやは道路の反対側で
  この店は「ふじや別館枕流亭」だったようです 実質同じですね

f:id:HATTYAN0234:20211205144043j:plain疲れた足を清流に浸して すぐに元気になりました

f:id:HATTYAN0234:20211205144206j:plain食事が運ばれて来ました

f:id:HATTYAN0234:20211205144305j:plain空を見上げると 更に清涼感が倍増します

f:id:HATTYAN0234:20211205144427j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205144446j:plain

何でも美味しい 疲れているときは・・・
それでも 何といっても清流の清々しさ これが一番のおもてなし

f:id:HATTYAN0234:20211205144627j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205144654j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205144801j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205144820j:plain

いよいよ貴船神社へ(と言っても ふじやから神社まで10秒くらい)
貴船神社の創建は1,600年前 牛の年 牛の月 牛の日 牛の刻
だそうです 牛若丸も牛の刻に生まれたので ご縁があったのでしょう
愛妾の静御前は 都随一の白拍子ですから 格式のあるこの社で舞った
ことでしょう

f:id:HATTYAN0234:20211205144930j:plain
f:id:HATTYAN0234:20211205144946j:plain

おばちゃん おじいちゃんが写り込んでいるのでカットすると
こんなに細長くなるのです

f:id:HATTYAN0234:20211205145117j:plain
地元民も駅名でも「きぶね」ですが 貴船神社では水の神様を讃え
「きふね」と濁らずに発音します 水が濁ってはイヤですから・・・

パンフレットには「気生根」(気は昔の字で)とありますが これは
気が生じる根源の地から来ていると 神様の気に触れるだけでも元気
が蘇ると 何か「ドラゴンボール孫悟空元気玉に似ているかな?

貴船側は鴨川の源流にあたり また御所の真北に鎮座することからも
京都の水源を守る神として 歴代朝廷からも大切にされて来ました

かつて 日照りや長雨が続くと 朝廷は貴船神社に勅使を派遣した 
降雨祈願には黒馬を 止雨祈願では白馬(いずれも実物)を奉納した
平安時代に簡素化され 板に馬の絵を描いた「板絵馬」が奉納され
これが現在の絵馬の原型だそうです ここの絵馬はパワー全開です

f:id:HATTYAN0234:20211205145142j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205145201j:plain名物の「水占(みずうら)みくじ」 みごと大吉です
外国人用に QRコードを携帯端末で読み込むと外国語の訳が表示されて
音声も聞けるらしいのです 粋な心遣いですね

f:id:HATTYAN0234:20211205145322j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205145358j:plain貴船奥の院に近づくほどに「縁結びのパワー」が膨れ上がります
相生杉も仲良しのシンボル 貴船が若いカップルに人気なのが分かります

f:id:HATTYAN0234:20220103145152j:plain昔々 和泉式部が参拝し不仲であった夫と復縁したとかしないとか・・・
杉と楓が一本化した「連理の杉」も探してみてください

f:id:HATTYAN0234:20211205145421j:plain奥の院 龍穴なる絶対に見ることのできないパワーの源泉があるとか?

f:id:HATTYAN0234:20220101002622j:plain
   2002年夏

f:id:HATTYAN0234:20220101002714j:plain
  2011年初夏

f:id:HATTYAN0234:20211205145440j:plain

f:id:HATTYAN0234:20211205145459j:plain最終目的の「きらら」に一番乗り 満足そうです
駅の待合室で 先の列車は見送っての 展望列車きららでした
それよりも 最終観光の貴船口駅から わざわざ終点の鞍馬駅まで来て
乗り込んだこの鉄子魂 何ということでしょう

f:id:HATTYAN0234:20220101003244j:plain
  車内では 季節限定風鈴が飾られていました

f:id:HATTYAN0234:20211206103625j:plain