ハワイオアフ島の旅 ワイキキからコオリナへ その5

f:id:HATTYAN0234:20181018145509j:plain

パリ・ハワイのスターシェフ山中祐哉さんと記念に一枚

第三日目 10/2 「パリ・ハワイ」での夢の様な2時間

この日のために,、ハワイ初日の9/30に現地を下見しました。

f:id:HATTYAN0234:20181018145608j:plain

古い民家をレストランに、許可が出るまで2年半かかりました

上の写真の黒い丸が入口です。

f:id:HATTYAN0234:20181018150343j:plain

何か趣があります、期待が大きくなります

ハワイオアフ島で何か特別なものをと、インターネットであれこれ検索していて、ついに発見したハワイの地元誌「アロハストリート」の本レストラン紹介記事、これがとても気に入って、是非行ってみたいと、苦労しながら予約を入れました。幸いにも人気の「シェフズ・カウンター」が取れました。

f:id:HATTYAN0234:20181018150424j:plain

我々の目の前にシェフがいます、超かっこいいい!!惚れ惚れします

何しろメニューは一種類、あれこれ迷わず、飲み物のコース(ビールかワインかお茶)とデザート(これは当店名物の溶岩ケーキがお勧めですと従業員からアドバイス)を決めれば、あとは全てお任せなのです。品数は8品目、メニューとにらめっこです。

<1品目>ハワイアン・エスプレッソ

f:id:HATTYAN0234:20181018150512j:plain

①コーヒーの香り豊かなカカオ風味の冷製スープで始まりました

<2品目>ガーリック・シュリンプ

f:id:HATTYAN0234:20181018150550j:plain

②真空調理されている、頭から尻尾まで残さずいただきました

<3品目>タコ、トマト、アボカド、バジル

f:id:HATTYAN0234:20181018150633j:plain

③冷たいトマトコンソメが注がれます、タコのこりこり食感がたまりません

<4品目>ポケ

f:id:HATTYAN0234:20181018150717j:plain

④近海マグロとビーフタルタル、温泉卵ソースが下敷きに

何か気づきませんか、器が素敵じゃありませんか?一品ずつ出されるたびに説明してくださる従業員の方に質問、これらの器現地産?「そうです」と。(実は、ジェネラルマネージャー自ら陶芸に精通し、この店のために作り卸したそうです。)
目の前では、決して無駄口をたたかないシェフ山中裕哉さん、無駄のない動きがいい!
「シェフズ・カウンター」で本当に良かった。

<パンとシーアスパラガスのバター>

f:id:HATTYAN0234:20181018150801j:plain

パンも早朝からシェフ自らつくるのだそうです、バター見た目はワサビ?

<5品目>地魚のオパとレタス

f:id:HATTYAN0234:20181018150907j:plain

⑤アサリの酒蒸しソースがかけられていて、これ和食では?っていう感じ

魚はとってもシンプル、あっさり味です。
そうそう、夫婦であれこれ話します、あそこの日本人の女性、シェフの奥様では?そう、とてもキュートなので、ついそう勘繰ってしまいました。従業員の方に質問、シェフは結婚しているの?「いや、独身です。彼はいま、生涯で最高のモテ期です」と。
そうは言っても、次回訪問したら、あの娘と結婚しました、なんてあるある。

<6品目>オニオンスープ

f:id:HATTYAN0234:20181018150934j:plain

⑥水を一切使わず、タマネギの水分だけでスープに。丸いシューの中にチーズ

<7品目>チキン、なにやらややこしい説明あり

f:id:HATTYAN0234:20181018151024j:plain

何しろ、ワインやらビールやらがとてもいいマリアージュです

<8品目>ビーフとシーアスパラ

シェフが初めから最後出されるまで、ずーつと手を加え、何かいつくしんでいた肉、これが料理のメインだと思いました。

f:id:HATTYAN0234:20181018151110j:plain

⑧上からバーナーで随分長時間焼かれ、下ではキアヴェのまきで炭火焼きに

ほんの一口で食べてしまうのはもったいないという感じなのです。これはパクッと食らいついて、お代わり!と叫びそうです。じっくりといただきました。

そして最後にデザートです。名物はキラウエア溶岩ケーキ、ココナツアイス

f:id:HATTYAN0234:20181018151146j:plain

液体窒素を流しにぶちまけます

f:id:HATTYAN0234:20181018151215j:plain

シェフ自ら瞬間冷却のココナツアイスクリームを

f:id:HATTYAN0234:20181018151250j:plain

各お皿に取り分けます

f:id:HATTYAN0234:20181018151332j:plain

ケーキを切ると、中からラズベリーソースが溶岩のように流れ出る仕組み

まるでショーを見ているよう。シェフズ・カウンターの8名は拍手喝采です。これで
約2時間の素晴らしい食事タイムが終了です。
最後にシェフにお願いしました。一緒に写真を撮っていただけますか?

北海道生まれ、大阪の辻調理師専門学校で勉強し、パリ20区のレストランでスーシェフに上りつめたスターシェフ、サーフィンはハワイに来て初めて覚えたという日焼けが似合う超イケメン、マキ・コニクソンのインスタグラムにも写っていたことから、すぐ日本でブームが起き、お客がわんさかとなる恐れあり。
今のところ、日本からの取材はありませんと言っていましたが・・・・・・。
私自身、「パリ・ハワイ」に行くためハワイに行きたいという気持ちになりつつあります。素晴らしいとしか表現できません。
たまたま隣席に座られた愛知県、三重県から来られたお二人(ご夫婦それとも?)も大変ご満悦で、おいしさに意気投合しました。